FC2ブログ

反省!  してます。来週『 ならまちセンター 』 にお越しください。




その昔  “ えほん展 いろいろ ” の 企画に 参加していたとき 
「 ふつうの おかあちゃんには 絵本だけでは 敷居が高いから おもちゃとかも 取り入れてほしいな~ 」と 話が出た。

スタッフはそれぞれの仕事の育休中。まだ おっぱい を 飲ませながら おんぶしながらの 現役の母たち。
1000冊規模の本の 点検や 修理。汚れの拭き取り。
特別企画の 展示物の 製作を 担当。

そんな  中での 提案を 私は 「 あのね。いろんな 絵本を 準備しているから おもちゃなんか なくても 大丈夫だよ 」と 言い切っていた。


あれから いろいろな場所で  “ えほん展 ”  “ えほんのひろば ” を してきて 
こふれさんとの コラボも 回を重ねて
今は 絵本より 写真集 料理本が 増えそうな勢い。

また 今回 奈良の地で 初のイベントタイトルは
『 ダンボールであそぶ! 絵本であそぶ!』

おもちゃどころでない 大型の遊具と 本を一緒に並べる。

こども達は こふれさん考案の ダンボール製遊具で しこたま汗をかき
体と心をほぐしてから 絵本 写真集のところにやってくる。
しばらくして また 遊具。の 繰り返し。

こども達に せがまれて ついてきた お疲れ気味の おとな達には 
ちょっと 居眠りしても 大丈夫な コーナーと
「 へえ~っ 」「 こんなんもあるんや 」と おもしろがって ちょっと元気になれそうな 本を並べる。

ところが  実は こども達もこういう 本を望んでいた。

まさかの風景 動物の 写真集を 幼い子が手にして 
小学生達が 「 かっこええな~ 」 と 目を輝かせる。

感性に 年齢など関係なかった。



あれこれの 試行錯誤でたどり着いた事とはいえ
昔のことごめんね。

至らぬ 未熟者のたわごと。

でもね。こふれさんの ダンボール製遊具は ちょっと 違う。

素材が 本と同じ紙。
それに シンプルで かっこいい。

ダンボール製家具も とにかく 見て 触って 体験してほしい。

25日 26日。ならまちセンターへ ぜひお越しください。
お待ちしています。


なんとカンファレンス 2018





2012年から 開催されている 『 なんとカンファレンス 』 今回は8回目だとか。

ご縁があって 2年前 “ 300冊ほどの 絵本 写真集を持ち込んで “ ひろば ” を開設。
各方面から お越し下さった方々に ひろばを 楽しんでもらいました。

次の回は 台風で 延期。延期回は 他の ひろばと 重なっていて…。
今回は ならまちセンターでの イベント “ ダンボールで遊ぶ! 絵本で遊ぶ!”
と 同日。
無理だ…。

でも。 そこをなんとか… と 実行委員の方と あれこれ 相談。
…ひろばスタッフは全員 ならまちだし…。
無人ひろば…なら 。なんとか…。

で。 当日朝 会場近くの宮田和子さんが 100冊ほどで 小さなひろばを設営。
それから ならまちセンターへ駆けつけてくれるとのことになりました。

大丈夫か?
ま。私より 若いから 大丈夫だろ。



なんとカンファレンスの前日25日は 『 ならまちセンター での “ まる さんかく しかくの ふしぎ ”』へ  おこしください。

ぜひぜひ!

25日 土曜は 11時 ~18時30分 まで  (17時~ は「 バリアフリータイム 」)
 引き続き ひろばを 楽しむもあり。 北中正紀さんの “ ギャラリートーク ” も 聞いていただけます。

26日 日曜日は 11時~16時30分 です。




“ あそべる絵本展 ” ATC ITM棟 11階で











“ あそべる絵本展 ” 無事 開催できてます。

えほんのひろば作り 大好き人間が 10年以上の 経験を生かして

超短時間で 完成。

昨日 1日目も 無事 終え。本日も 今から 開催!


ATCで “ あそべる絵本展 ”

8月11日 12日の 土曜 日曜 11時~16時

大阪南港 ATC  ITM棟  11階 エコプラザの 会場 内で こふれさん企画の “ あそべる絵本展 ”


今日 夕方 面展台の 設営。

いつもほど 広くないし… 天井も 低いし… 500冊 並ぶだろうか… と あれこれ 相談。

本を並べるのは 明日の朝。

間にあうかな? 大丈夫だろう! なんとかなるさ!







研修終了後。司書さん達も面展台製作。

岡山県立図書館で 『 岡山県図書館協会教養講座 』
午前は 加藤の担当。

「 ひろばでは わざわざ 読んであげなくてもいい…。
その場にいる人たちと 笑顔で一緒に いい時間を過ごせばいい… 
何歳向きなんて 気にせんとこ…」
と いつもどうりの 話。

午後からは 岡山市立図書館司書 石原さんの 面展台 製作講座。

県内 あちこちから 集まってくださった方々は 60人ほど。

今日の深夜便で バンコクに 帰る予定の マレットファンの 松尾久美さんが 応援に 駆けつけてくれた。

“ こだま読み ” も “ バンコクの子どもたちも 同じ本で 同じ笑顔! ” の報告も ほんの少しだけどしていただけ 面展台の 製作も 的確にサポート。


スムーズに面展台が仕上がり 片ずけも あらかた済んだ。
さて スタッフも 解散…?

あれ? まだ 材料が 余ってる。
「 これを 作るのは…  今 でしょ!  」
と 誰かの声。

挨拶に来てくださった 館長さんも
「 こういうのは 自分達が 作ってこそ 愛着が わく!」
 即 ドライバーを手に 作業開始。

せっかくだから と 
手の空いている 司書さん達も 集まってくださって こんな具合。
短時間で あっと言う間に 10台以上が仕上がった。

よかった!







プロフィール

加藤 啓子(かとう けいこ)。

Author:加藤 啓子(かとう けいこ)。
絵本あれこれ研究家?として”えほんのひろば”で”ひろば絵本”を”ひろば読み”とあちこち駆け回っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR