3歳児さんに 励まされました。

神戸市垂水の幼稚園で お母さん方の講座の前に 3歳児さんと一緒に 絵本を読みあう時間が ありました。
3~4日前から 咳がでていたのですが なんとか…なるだろう と 読み始めた途端

激しい咳… どうにも 止まらず 涙も鼻水も 挙げ句に グエッッホ グォォ~ッ
人間とは 思えないほどの 怪奇な咳き込み…

その間 70人ほどの 3歳児さんは 静かに 私を 見守ってくれて…

そうっと「がんばって…」「かとうさん、がんばって」と 言ってくれました。

気絶しそうな 状態で 声も でないまま
『だるまさんが』を めくりだすと
70人の子どもたちは 絵を 読み…
大笑いして くれました。
でも まだ 私の声はでない。
続いて また 無言のまま 『ふしぎなナイフ』これも おおうけ…

私の状態を 察してくれて 声を出さずに ただ めくるだけの 読み手…?

子どもたちが ただ ただ 私をささえ 見守ってくれた ひろば読みでした。

こんなステキな子どもたち、園長先生、先生方に感謝。

得難い体験を させていただきました。
プロフィール

Author:加藤 啓子(かとう けいこ)。
絵本あれこれ研究家?として”えほんのひろば”で”ひろば絵本”を”ひろば読み”とあちこち駆け回っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR