自閉っ子と 『はらぺこあおむし』

我が家の自閉っ子が 『はらぺこあおむし』(偕成社)を 好きなったきっかけは 保育所の先生に読んでもらったこと。
自宅の本棚に この本を見つけて にっこり。

「いっしょに読もう!」と、膝に抱く。 ページをめくるのは 当人まかせ。文章の途中で めくったら 即 そのページの文章を読む。

絵本を読み始める頃、ちゃんと 読むことに気を取られていたら 窮屈。こちらも疲れる。… 自閉っ子だから…ではなく どの子もそう。だって、ふたりっきりの絵本タイム。

こどもが自分の指先でページをめくり 場面が展開したら 「うわぁ~」の 思いは倍増。本の内容より、こういうときはこっちのほうが優先。

だって こどもたちは 絵本を読むことより 「なにこれぇ~!」「すごい~!」「おもしろい~!」の 時間を誰かと共有するのが 嬉しいし 自分のペースに添って 生の声をきけるのが 嬉しいはず。

最後にあおむしが、ちょうちょに なったページ。 孫は本を手に ひらひら。
先生が そんなふうに してくれたのを いま 私に見せてくれてるんだ。これっていいなの思い出。

いま 我が家のはらぺこあおむしは 孫に こねくりまわされながら 居候の身をわきまえて 食事しています。
プロフィール

Author:加藤 啓子(かとう けいこ)。
絵本あれこれ研究家?として”えほんのひろば”で”ひろば絵本”を”ひろば読み”とあちこち駆け回っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR