ちいさな “えほんのひろば ” で “ ひろば読み ”






懇意にしてもらっている 大阪の児童支援施設の先生と ちいさな ひろばを しました。

絵本いろいろの会の Hさんが 地元だから と 自転車に 40冊ほど 運んでくれて

Yさんは お母さんの 話し相手に なれば と 遠方から 合流。

さりげなく本を 並べてスタンバイ。

無理やり 読みません。子どもが 選ぶのを 待ちます。
ちいさな声。その子に 聞こえる程度の 声で 読んで 解説や 質問も しません。

初対面にも 関わらず 直ぐに 『 ぼちぼち いこか 』( 偕成社 ) を 選んでくれた 男の子。
その子の呼吸に合わせて ページを ゆ~っくり めくります。

かばさんの 仕種を あれこれ 眺めて 実に 楽しそう。
3 回 ほど 繰り返して ひろば読み。

おとなの ギャラリーさんが 多かったにも 関わらず
自然な 感じで 楽しめました。

プロフィール

加藤 啓子(かとう けいこ)。

Author:加藤 啓子(かとう けいこ)。
絵本あれこれ研究家?として”えほんのひろば”で”ひろば絵本”を”ひろば読み”とあちこち駆け回っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR