FC2ブログ

子どもたちが作ってくれた ひろば

五條市北宇智小学校 3年目のひろば。
各学年 14~24人。

前日 図書委員さんが 面展台を あらかじめ設置してくれていた。

到着したのは予定よりだいぶ早い時間。まだ 授業は始まっていない。

先生が 校内放送で 図書委員さんに 手伝い要請。
駆けつけてくれた 5、6年生があっというまに 本を並べてくれた。

その様子を見て 他の学年の子も手伝ってくれる。





まず 最初に ひろばに来たのは となりの 保育所の5歳児さん。



それから 学年ごと。





5年生は 15人。
ひろびろとして いるのが いい。子どもたちの声も いい感じで 響いてる。
ぜいたく…? 
そうかなぁ~。
子どもたちの笑顔。弾む会話。

できたら 学校って こうで あってほしいなぁ。と しみじみ…。



昼休みに 子どもたちが どっと 押しかけてくれた。
その後 少しの隙間時間に 先生たちも 来てくれる。



放課後 先生たちと 車座になって 恒例の交流。

授業でもない 図書の時間でもない ひろばの時間を どう位置づけるか どう活用できるかの 話し合い。

文字を読む 本だけではない。
さまざまなサイズ  厚さ  重みの本を体感。
パラパラとめくる。その指ざわり。
へえっ~   うわぁ~  なにこれ? と 感じるだけで いい 本もある。

こんな 入り口体験を するのが ひろばなのかな。

ざっくばらんな会話から 大事なことを 教えてもらえる。
ありがたい。


明日 1年生が もう一度と リクエスト。
2年 6年 3年生と 続く。
わくわく!



プロフィール

加藤 啓子(かとう けいこ)。

Author:加藤 啓子(かとう けいこ)。
絵本あれこれ研究家?として”えほんのひろば”で”ひろば絵本”を”ひろば読み”とあちこち駆け回っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR