『ぶた にく』 の 大西暢夫さんの 震災報告



滋賀県能登川図書館の ボランティア“おはなしポッケ”の 中川さんから

「今年は 『ぶた にく』 の 写真展を したいんです。

作者の 大西暢夫さんに 電話で 依頼させてもらったら …打ち合わせに 能登川図書館まで 来てくださるって…

加藤さんも ご一緒しません?」

との お誘い。


吹雪の中、岐阜から到着された大西さんは、とても穏やかであったかい方。


話の中で、東日本大震災の話になり、

今も、被災地に通っていらっしゃることを、お話してくださいました。

「『東北沿岸600キロ震災報告』の 冊子を 300円で販売。岐阜新聞社の協力を得て 制作費以外 200円を 被災地の 子どもたちの支援金として 送っているんです。


これまで、沢山の方々が1万部ほど、買ってくださって…」

大西さんは やっぱり 『ぶた にく』 の 大西さんでした。

被災地のことを ご自分の地元の方々に報告し… 地元の方々と支援をし続け… 被災地の方々を 支援した方々のところへ 招かれたことも淡々とお話くださいました。

3月11日 この 冊子を 静かに 静かに 読ませていただきました。

災害を… では なく 被災地で 生きている 人びとに 丁寧に向き合い
支援する人びとにも 大西さんは 丁寧に 報告し続け 人と人を 繋げて いらっしゃる報道家でした。


Comment

非公開コメント

プロフィール

加藤 啓子(かとう けいこ)。

Author:加藤 啓子(かとう けいこ)。
絵本あれこれ研究家?として”えほんのひろば”で”ひろば絵本”を”ひろば読み”とあちこち駆け回っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR