東近江市のやまびこ号

東近江市の移動図書館車『やまびこ号』が被災地に 届けられるそうです。

子どもの本を中心に5000冊の本も。
同時に、たまごと トマトも 送られるとか…

陸前高田までの 道のり たまごさんと トマトさんと 絵本さん
どんなこと はなしながら 行くんでしょうね。

今後も 市民から 本を募って 送り続ける…って

東近江市の あの人 この人 の 顔が 思い浮かんで
うれしくなりました。

Comment

おひさしぶりです♪

 岸上さんからメールもらいました。チラシ印刷して利用しまっする。
 ところで、本文に次のタグをコピーしてペースト(貼り付け)してみてください。
 日記の本文の中にリンクが張り付けられます。
↓↓↓↓
<A Href="http://www.oml.city.osaka.jp/topics/ehondegenki.html" Target="_blank">大阪市立図書館"絵本で元気を!"のお知らせ</A>

すてきな、うれしい情報ですね

先生のおっかけやってる(?)淀川区在住K.Oさんからこのブログのこと、教えてもらいました。
遅ればせながら、ブログ開設おめでとうございます!

私は、彼女も所属している都島のおはなしサークルの者です。
彼女から、先生の講座のあれこれ、教えていただいています。いつもありがとうございます。

イベントの件、MIXIの参加コミュや、自分のブログで宣伝しました!
盛会になりますように。

あと、この移動図書館の件、うれしい便りです。今朝とどいたというニュースが、さっそくありましたよ。
http://www.sankei-kansai.com/2011/04/18/20110418-051878.php

きっとどの被災地でも図書館は、後回しのはず。日本中の図書館の移動図書館で、動かせそうなところは行ってほしいです。

寄付金の使い道

今、気付いたんですけど、収益はすべて日本赤十字社を通じて寄附、なんですね。
いつ、配られるかわからない義援金に寄付よりも、(もう志のある人は、しているでしょうし)東近江市のように、具体的に直接子どもたちに届くことに、使ってもらうことは、できないのでしょうか?

バス1台、なんとかならないのかなぁ。そこに、加藤先生おすすめの子どもたちが元気になる絵本をいっぱい積んで・・・が理想なんですけど。

友人がかかわっている認定NPO法人 パレスチナ子どものキャンペーン
http://ameblo.jp/ccp-tohoku/page-1.html#main
では、子どものための支援を中心に、被災地でがんばっています。
絵本を配ることもしているようです。
「他の団体や個人にも活動にどんどん参加してもらい、同時に地元住民や自治体、周りの方達と良い関係を結ぶことを重視しています。」とあります。

なので、協力して、絵本を届けられたらなぁ、と思うのですが、公共の図書館でされるイベントですから、特定の団体に寄付することはむずかしいと思います。でも、このイベントとしての何かに使っていただきたいなぁ。
    

私も・・・

私もブログ始めましたv-10

加藤先生のブログのURLみんなに知らせました。

それでは、また後日

はじめはして

はじめまして
今日、偶然このブログを見つけました。
大阪府立や、H市での、講演や「えほんのひろば」でお世話になっています。
(もしかして、トップの「ひろば」の写真はH市中央図書館6Fでしょうか?)

3/3に地元の小学校で、初めて「えほんひろば」を体験した感想(感激)を伝えたくて、
先生のATCでのチラシ出てないか、図書館に尋ねたところ、
5/22の震災応援イベントのチラシを、教えてもらいました。
それまでこのイベントに、先生が関わっていたとは、気づきませんでした。

5/22のチラシ、知り合いの関心高いのに、枚数が足りなかったので、自前印刷OKなら
いくらでもわたせます。

また、震災支援がいろんなやり方あると知り、自分は何が?と考えさせられます。
それにしても、バスはすごいですね。
自治体がんばっているのは、頼もしい!

これからも、よろしくお願いします。

非公開コメント

プロフィール

加藤 啓子(かとう けいこ)。

Author:加藤 啓子(かとう けいこ)。
絵本あれこれ研究家?として”えほんのひろば”で”ひろば絵本”を”ひろば読み”とあちこち駆け回っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR