no title



93歳の父と 86歳の母と 久しぶりに散歩に出かけました。

もう 梅は散っているかなと思っていたら…まだまだ 3分咲きの木もあって 十分梅見を 楽しめました。



今、小学校のえほんひろばのオープニングで うけている絵本『デザイン あ あなのほん』(小学館)私が絵本の表紙を見せて「これ、なんのあな?」と 突然聞くもんですから こどもたちは 「????」

「あっ!その本、知ってる!」と 叫んだ子には ガシッと 肩をつかんで 「だまっといて!内緒やで!」その子は 言いたくて うずうずするけど 「言わんといて! 言うたらあかんで」と 念押し。すると 妙な連帯感がうまれて 他の子たちは 早くわかりたくて ああだこうだと一致団結し 絵本に集中。

先生も真剣。なかなか ページをめくらずに ちょっとづつ 「たぶん、みんな好きやわ…」とか 「こうして使うかも…」と ほんの一瞬のジェスチャー。

“じらし読み”には最適の絵本…

出版したての頃は『デザイン あ 解散!』(同)の ほうが おもしろいかな と 思っていたのですが 盛り上がり方は ダントツ。
当分 この 絵本を使いそうです。



Comment

非公開コメント

プロフィール

加藤 啓子(かとう けいこ)。

Author:加藤 啓子(かとう けいこ)。
絵本あれこれ研究家?として”えほんのひろば”で”ひろば絵本”を”ひろば読み”とあちこち駆け回っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR