お別れ… もう一度 笑いあいたかった。

先週 以前、奈良教育大学図書館事務長だった 中島さんの訃報が届きました。

「大学の図書館に 地域の方々と 交流の持てる “えほんのひろば”を 作りたい…」 との相談を持ちかけられ 出かけていくと 三方が窓ガラスの 緑に囲まれた えほんのひろばに ぴったりのスペース。

当時 あれこれ一緒に活動していた仲間と それはそれは 大騒ぎして …
その間 中島さんとは 何度も言い争い… 険悪な関係に なりつつも 結果は…
子どもたち 学生たちの… 居心地のいい 環境提案ができたやん と
うれしい仲間に なれたのです。

中島さんの退職時、えほんのひろばに やってきた子どもたちが 摘んだ野の花のちっちゃな花束贈呈に 満面の笑顔で 受け取ってくださって

また ゆっくり 話し合いましょ!

と いったまま 私自身も 大学のひろばとは 縁が切れたままになっていました。

大学の近隣の小学校や保育所に 絵本や段ボール製の面展台(山中純治さんにあーだこうだと言い、作ってもらったのが始まり)を運び込んでひろば設営したり、講演会やワークショップ、座談会、月1度の夜の勉強会いろんなことをしてきました。

お通夜で 「今は 全面改装され 以前の完全手作りの雰囲気とは 変わりましたよ。でも、雰囲気はいいですよ」と これまた 同志の前川さんから はなしを 伺いましたが 「…中島さん、突然逝くのは ずるいよな」と いいあいながら 最後のお別れを してきました。

いつか会える…は 確実なことでは ない…
中島さん あの “えほんひろば”づくりは 楽しかったよね。
学生たちを 巻き込んで あれこれしたの おもしろかったよね。
好き放題させてもらえて うれしかった。
あそこでいろいろさせてもらったことが いまの 私の大きな転換期だった。

お礼が 直接いえなくて ごめん…

中島さんなら「ええから ええから…」と カリントウかじりなが また、笑ってるんだろうな…

中島さん ほんとに おおきに ありがとね

Comment

非公開コメント

プロフィール

加藤 啓子(かとう けいこ)。

Author:加藤 啓子(かとう けいこ)。
絵本あれこれ研究家?として”えほんのひろば”で”ひろば絵本”を”ひろば読み”とあちこち駆け回っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR