マレットファンを なめてはいけない…

3月30日。バンコクの空港に 到着したのが、午前4時45分。迎えに きてくれた 久美さんとギップ。
一番 忙しい時期に 早朝から…ゴメンね。と いったら 「とんでもない!」と、いつもの笑顔。
街中の宿泊先に向かうタクシーの中 「加藤さん。すみません。講座をお願いします…」と しおらしく久美さん。
講座をお願い するかもしれないと 聞かされていたけど 結構 間際のことだったし… お役立ちできるなら 喜んで。の 気持ちだった。…けど
「4月2日のえほん展初日に 午前 と 午後の2回。これはバンコク都立の図書館 TKパークの主催。3日の午前はマレットファンの主催」
共催名目の図書館との からみの難しさも 相談を受けていたし 「土俵を借りたつもりで マレットファンの底力を見せたり!」と ハッパをかけたのは 私。だけど…
「…えっ! 初日に2本?」

バンコクで初めてのえほん展で 全く イメージのできていない人たちに マレットファンの夢を伝えるには マレットファンのしたいことを すればいい! 君たちは 若いんだから ! とは言った。
日本でそんな 無謀なことは しないし できないし、してはいけない。と 言葉を添えて。

…だから、なのか私の講座の後 ギップ達の手づくり絵本が2本と面展台の研修。図書館と共催の親子ワークショップ。
4日間のえほん展の開催中 フル稼働。君たちいつ休憩するの?いつ息継ぎするの?

「で、えほん展が終わった次の日、以前の会場で 9時~12時と… 2時~5時の3時間コースの講座を 2本…」

「今日は お昼 12時に 迎えに行きます。それまで 一休みしてください」。
…と 言われても 私 講座の準備なんか なにもしてないやん!

Comment

非公開コメント

プロフィール

加藤 啓子(かとう けいこ)。

Author:加藤 啓子(かとう けいこ)。
絵本あれこれ研究家?として”えほんのひろば”で”ひろば絵本”を”ひろば読み”とあちこち駆け回っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR