障害児ともっともっと絵本を楽しもう! 5



“さわるめいろ”(小学館)は えほんのひろばに なくてはならない本!

絵本に興味を示さない子も なんだかんだと ウルサい男子たちも この絵本を広げて12画面を全部見せると ワラワラ集まって来ます。「迷路や!」「さわって、ええの?」「これって点字?」「かっこええなぁ」「おい!みんな。目つぶってスタートやで!」ひろげた画面にこどもたちが 群がり…。
やがては 放射状に寝そべって… 無心に指先で ツブツブを追っていきます。
「この点字かっこええなぁぁ~」「お前の触ってんのは点字ちゃう! 迷路や!」「そうや。字とちゃうで」「そやけど点字と一緒やろ…この指先にくるぷつぷつ感。ええわぁ~」
「なんか…癒やされるわぁ~!」
「あっ!ここに本物の点字もあるわ!」


おとなたちが 触らせてと 声掛けすると こどもたちは身体を順にずらせて 隙間を作ってくれます。

これほど 身体を密着させて 楽しめる本って ないな!

まずは お試しあれ!絵本をおおきく広げてからね!


Comment

非公開コメント

プロフィール

加藤 啓子(かとう けいこ)。

Author:加藤 啓子(かとう けいこ)。
絵本あれこれ研究家?として”えほんのひろば”で”ひろば絵本”を”ひろば読み”とあちこち駆け回っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR