『はじめてのおつかい』みいちゃんの笑顔!



なぜ この絵本(福音館)に これほど惹かれるのだろう…?

30年以上も前のこと。 そのことが知りたくて 私は 絵本の表紙から見返し 扉 もちろん 本文。 奥付け 裏表紙。 全部の画面を 書き写しました。

作者さんが 絵本を製作されるときの “絵コンテ”の ようなものも描いて全体のバランスをみました。

どれだけ ていねいに絵を読んでいたつもりでも こんなことまで描いてくださっていたんだ…の、発見だらけ。


扉絵で みいちゃんは お人形さんに ほ乳瓶で一生懸命 ミルクをのませています。

その一仕事を終えた後のみいちゃんは お絵描きしてる。
ままは 家事と育児でてんてこ舞いなのに とびきりの笑顔で みいちゃんに「ひとりで おつかいできるかしら」と まず 尋ねてくれてる。

でも みいちゃんが出かけていくと 先ほどの笑顔はない。

もう心配で心配で…の表情。

そうだよな。そうだよな…。

本文最後のみいちゃんは 後ろ姿。なんで 一番だいじな場面なのに …でも みいちゃんの気持ちが わかる。

あ! 表紙のみいちゃんだ!!

それに気づいたときの 胸の高鳴りは 忘れられない思い出です。


Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

加藤 啓子(かとう けいこ)。

Author:加藤 啓子(かとう けいこ)。
絵本あれこれ研究家?として”えほんのひろば”で”ひろば絵本”を”ひろば読み”とあちこち駆け回っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR