子どもたちの 声! 笑い声! 聞こえてきます?


       

      

   
       
えほんのひろばには200~300冊の絵本や写真集が並びます。
    
子どもたちは
自分たちの 読みたい本を
自分たちで 選んで
一緒に読む大人を
自分たちで 探します。
      
本をなかなか選べない子とは、手をつないで
「 どれにしようかなぁ~」と ひろばをおさんぽ。
       
それでも選べない子には2~3冊の本を並べて「 ねえ。どれにする?」と 尋ねます。
      
決して大きな声で 読みません。
その子に聞こえる声で読みます。
      
そうすると、子どもたちの ちいさなつぶやきも聞き取れるし
なんとなく内緒話してるみたいで、嬉しくなってしまうのです。
    
      

Comment

非公開コメント

プロフィール

加藤 啓子(かとう けいこ)。

Author:加藤 啓子(かとう けいこ)。
絵本あれこれ研究家?として”えほんのひろば”で”ひろば絵本”を”ひろば読み”とあちこち駆け回っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR