何かが出会い、生まれて育つ場所




今回の 瀬戸内市3箇所で開催された “えほんのひろば ”は
ボランティアグループ “パトリシアねっとわーく” の 皆さんが 図書館と 共催。

2時間単位で 強行に移動設営 するのは なぜ?
と 実は 思っていました。
そこを 詳しく確かめないまま 「 ま、いいか 」「 えほんのひろばは やってみないとわからないし 」
「 解ってもらうには こちらが 汗 かかないとね 」
などと 少々 思いあがって いました。

なぜ 3箇所か。
瀬戸内市の皆さんが わざわざ 出かけるのではなく 自分たちの地域の図書館、公民館で。 少しでも 身近で。
お年寄りも 子ども達も。 気軽に 来れるようにとの配慮でした。

そして 最終の 瀬戸内市民図書館。
2016年6月に 開館した 真新しい館。
正面入口の前の芝生に 寝そべって 談笑している若者。






中に入ると 木玉のプール。そこで 子ども達が 遊んでる。
おしゃれな自動販売機コーナー。
カフェコーナーの席では お年寄りと 高校生が 隣り合わせで 歓談。

少し 進んだところに 図書館の サービスカウンター。

『 もみわ広場 』とは 『 もちより・みつけ・わけあう広場 』

皆さんが ほんとに この図書館・もみわ広場を 誇りに思い 大切にしていらっしゃることが この2日間 の“ えほんのひろば ” の中で伝わってきました。





図書館という施設が すべての人に 開かれた場所。人と人が 繋がるところ。そこに 加えられた
“ わけあう ” の ことば。

パトリシアねっとわーく。 図書館 の皆さん。ありがとうございました。

Comment

非公開コメント

プロフィール

加藤 啓子(かとう けいこ)。

Author:加藤 啓子(かとう けいこ)。
絵本あれこれ研究家?として”えほんのひろば”で”ひろば絵本”を”ひろば読み”とあちこち駆け回っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR