マレットファン 元気報告 その 23








土曜の研修 無事終了。

明日は出版社さんや 支援施設の先生 絵本作家さんに なりたい人が 来てくださるとか。
20人の制限をかけたけど 申し込みが 多くて 30人まで 受け付けたとか。

今日より もう少し コアな 内容にして とのこと。

絵本作りの 基礎とか 仕組み。絵と 文の バランス。
文章だけでなく ことばの 響きのことも 伝えて欲しいって…。

日本語は 擬音語 擬態語が 多い。
私達は 声に出して 楽しむ ことばや 音を大事にしているのだけど
英語圏も さることながら タイにも そう言った ことばが 少ない。

例えば 『 もこ もこもこ 』( 文研出版 )の “ もこ ” は どう言うの? と 尋ねたら
“ ぷっ”

それはないわな~。

で 。これまでも マレットファンでは 日本語のまま 読んでいる。

とうぜん。と 言えば とうぜん!

でも これを 音から 入って どんな イメージが わくのか 楽しんでもらおうか と 相談 準備。




Comment

非公開コメント

プロフィール

加藤 啓子(かとう けいこ)。

Author:加藤 啓子(かとう けいこ)。
絵本あれこれ研究家?として”えほんのひろば”で”ひろば絵本”を”ひろば読み”とあちこち駆け回っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR