FC2ブログ

資料 再考…できなかった。しなくて 良かった。これでいいのだ。










大阪府 と 大阪市立図書館で それぞれ 企画されている “ えほんのひろば ” の 講座が 近ずいてきた。
資料の提出期限が 真近。

ずっと 同じものを 使っているので ここらで 新たにと いろいろ引っ張り出してみた。

平成22年 3月 に 大阪子ども読書活動支援事業実行委員会で まとめた冊子。

予算を取って 印刷製本を発注するのも 可能だったけど なんか “ えほんのひろば ” は そんな感じと 違うよね。

と 手書きが 主。図書館で輪転機を回して 製本も 手作業。

ほんの数年前のことだけど まだ そんなことを しても あまり違和感のない 時代。( そんなことないか… )

たくさんの 方々と ああだ こうだと 話し合い 協力して 出来上がったもの。
その時の いろいろな人の 表情 笑い声が 浮かんでくる。

“  村中李衣さん ” の “ 大きなホールでの 講演会 ” も その人達と一緒に 2年連続で 手伝った。

現在のマレットファンの 松尾久美さん と ムアイさんが この講演会に参加していて
「 李衣さんの 話を タイの人達にも 聞いてもらいたい 」 と 涙ぐみながら つぶやいた。

「 そう思たんやったら 直接 頼んでみなはれ 」 と 
控え室に あっさり 2人を 招きいれてくれた 当時の担当者  “ Yさん ”

話を聞いた 李衣さんは
「 行く 行く。行きたい 」と 即答。

そんな ご縁も あった。

タイの国で  “ えほんのひろば ” は この “ 冊子 ”  に まとめられたように 取り組まれ その輪が 広がっている。

この冊子に書かれているこれ以上のことは 書けない。

このまま いこう!
この時の 思いは 今も 変わって いないから。

Comment

非公開コメント

プロフィール

加藤 啓子(かとう けいこ)。

Author:加藤 啓子(かとう けいこ)。
絵本あれこれ研究家?として”えほんのひろば”で”ひろば絵本”を”ひろば読み”とあちこち駆け回っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR