えほんのひろばとは 3






えほんのひろばで 一番 大事なのは 選書。
てきとう~。は 絶対にない。

説教くさいのも  おとな目線で 教えてあげる。の 本も 置かない。
子どもたちは 実に 深く 本の本質が 読めて 見抜く力を 持っている 。
と これまでの 経験でわかってきたから。

ただ おとなに そのことは 伝えない。
自分の中で 理解しているだけ。


知的障がいが あり 知能程度は 2~3歳。と されている 中学生と 超かっこいい 電車の 写真集を見る。
頬が 高揚してくるのが わかる。

少しだけ 時間を かければ 彼らは それを 受け止めて 喜んでくれる。
決して おせいじではなく 表情で 伝えてくれる。

ただただ 写真集に 集中するため いらない 言葉を 添えない。
指差しも しない。彼が 見たいだけ そのページを 静かにして 開いておこう。

Comment

非公開コメント

プロフィール

加藤 啓子(かとう けいこ)。

Author:加藤 啓子(かとう けいこ)。
絵本あれこれ研究家?として”えほんのひろば”で”ひろば絵本”を”ひろば読み”とあちこち駆け回っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR