えほんのひろばとは 5







ひろばの中で 本を読むスタイルは さまざまです。

本のサイズ 。一緒に 読む人との関係。その本の内容。ひろばの広さ。空間。
私達は その 場の 状況に 任せています。

寝転んで本を読むのは 行儀が 悪い。と おっしゃる方もいらっしゃいます。

でも いろいろな本が あって いろいろな 読み方が ある。
その 制約を 全て 取り払った 空間が ひろばなのかな と 思っています。

本を手にする。自分の指を動かして 中身を知る。
読みたいかどうかも 自分自身で 決める。

だから 2~3ページめくって 面展台に 戻すのもあり。
もちろん 私達は 通常 そんなことを 考えずに してきています。

だって子ども達自身が  自由に どんどんひろば読みを  していってくれていますから。

Comment

非公開コメント

プロフィール

加藤 啓子(かとう けいこ)。

Author:加藤 啓子(かとう けいこ)。
絵本あれこれ研究家?として”えほんのひろば”で”ひろば絵本”を”ひろば読み”とあちこち駆け回っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR