FC2ブログ

保育園のひろば 

昨年。ひろばの 連続講座を受講した 箕面市の保育園の先生が
即 実践。写真を送ってくださった。



こじんまりはいいけど 少し狭いかな…。 絵本の数も もう少し増やした方がいいよ。
と メールで アドバイス。

その後「 もっと ひろばの実際を知りたい 」と 休日 遠方 奈良まで足を運んでくれ
そこに 居合わせた サポートセンターの方と熱心に支援実践のことを語りあってくれていた。

タイミングが合えば 覗きにいくね 」と 約束したものの
お互い時間調整ができず のびのび。







6月末には なんとか いけそうと 連絡を入れると また 写真が届いた。

この カーペット 派手な模様もなくて とてもいいんだけど よほどの寒い時期でないなら   いらないよ。
靴の 脱ぎ履きの時間も 靴が散らばるのも なんか めんどうだしね。
できる限り 空間は広く取って。

面展台は やわらかい曲線を描くように並べようか。
と 直前に コメントを届けた。


さて 当日。
場所は 各部屋の真ん中に位置する 多目的スペース。壁面が1ヶ所。



同行してくれた たかてらかよさんは  面展台を 背中合わせにして 
内側にも 外側にも どんどん 本を並べてくれる。





小さな間口の 空間にも あっというまに 隠れ家ひろば。



ちょっとだけ こどもたちと やりとり読みをした あとみんなでわいわい ひろば読み。

「 年1回くらいは これくらいの規模のひろばもしてみたい 」と 先生方が目を輝かせておられた。

ひろばは こどもたちだけでなく おとなたちにも 居心地よくしないとね。

Comment

その節はありがとうございました。
当然のことながら、僕の配置する広場より子どもたちも職員も目を輝かせていて、加藤先生の子どもたちに対する表情や誘い掛け方、ひとつひとつを肌で実感させていただきました。
これからも保育園では広場を行なっていきたいと思いますので、また今後ともご指導いただけたらと思います。
また僕からも先生の元に遊びに行かせてください。
非公開コメント

プロフィール

加藤 啓子(かとう けいこ)。

Author:加藤 啓子(かとう けいこ)。
絵本あれこれ研究家?として”えほんのひろば”で”ひろば絵本”を”ひろば読み”とあちこち駆け回っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR