始まりは… その2

長谷川義史さんは とも社の竹内さんに

「何か せんと…と おもててん。何でも するよ」

と。

他の絵本作家さんにも 声を掛けてくださる と いうこと。
日曜日は
4月10日 17日
5月は 22日しか空いてないけど…
と。長谷川さん。

その日のための準備や、竹内さんたちの年度末 年度初め…の 仕事を こなしながらだと

・5月22日

この日しかないよ。と 決定。

会場は…
みんなが 集まりやすい所で わかりやすい所
何ヶ所かに 絞って

大阪市立中央図書館に 連絡したら すぐに 会議をひらいてくださって
「どうぞ 使ってください。できる限り協力します」

府立中央図書館も
「協力します」と 即答。

『えほん展いろいろ』で 1回目から ずっと 長谷川さんにご縁をいただいている 大阪市社会福祉協議会・子育ていろいろ相談センターも

「協力します!」


・絵本で 何ができるのか どうするのか とにかく…


3月14日に 考えたことは

まず 義援金を 集めること。
そのための 絵本作家さんたちの チャリティーサイン会

竹内さんは 出版社にかけあって 収益金を 少しでも 多く…

と 交渉開始

被災地の情報が 次々入ってくるたび

いま どうすれば
5月22日の 時点で 何をすれば

関西から 何を届ければ…


…いま 子どもたちに 届けたい 絵本は

この 先…


と ゆれ動きながらのスタートでした。

Comment

非公開コメント

プロフィール

加藤 啓子(かとう けいこ)。

Author:加藤 啓子(かとう けいこ)。
絵本あれこれ研究家?として”えほんのひろば”で”ひろば絵本”を”ひろば読み”とあちこち駆け回っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR