川端 誠さんって…何歳?

ほんとに 久しぶりに講演会で 川端 誠さんのお話を 伺いました。

会場にはいったら 山中 純治さんが やっぱり 頭に手拭い(川端誠さんのじゅげむ手拭い)巻いて 座ってた。


「20年ほど前に 出会ったんだよね。」
「懐かしいね…」
「お互い、歳とったよね」
「…と いいながらも 川端さんも 山中さんも 見てくれは あまり 変わらんねえ。老け込んだのは私だけか?」

など と 言いながら
川端さんのお話が はじまりました。


絵本作家…いえ、川端さんご自身曰わく “絵本の仕事人”として
…いえ 人として こだわり 確信を曲げずに 生きていらっしゃることに 胸 打たれました。

…で 川端さん。『十二支のお節料理』の 話の中で
「僕ね、龍年生まれでね、…今年、48歳」
山中純治さんと私は「えへっ」 と 笑ったけど 他の方々は 笑わない。

少し 間を置いて 山中さんと私が「ぎぃゃはははは~~」
と 笑いつづけることに

川端さん。今の冗談は 通じない!
通じてない!
川端さんは 60歳には 見えない!


翌日 3人で 久しぶりの 再会を喜ぶ集い。昼間なので 缶ビールは 6本しか空かなかったけど 心地よい老友談義にリフレッシュ させていただきました。

Comment

非公開コメント

プロフィール

加藤 啓子(かとう けいこ)。

Author:加藤 啓子(かとう けいこ)。
絵本あれこれ研究家?として”えほんのひろば”で”ひろば絵本”を”ひろば読み”とあちこち駆け回っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR