FC2ブログ

吉田病院のみなさん ありがとうございました。

母が入院した当初 体力 生活力を維持するため 丁寧なリハビリスケジュールをたててもらった。

身体を動かすことはもとより 気分転換に 外の景色を見せてもらったり
母が女学校の時 バスケット部であったことから 風船を使って 会話を盛り上げていただいたりもした。







病状に応じて ミキサー食 刻み食 と いろいろな ケースがあったが
家族が持ち込んだ 果物などの食べ方を 伝えたりすると即 対応。
次の食事には 段階を変えて届けてくださる。

どの料理も…  とにかくお出汁 スープのベースが 美味しい。



こんな時期もあった。

徐々に 食欲がなくなった時  病院の売店で 売っていた “ コーヒーフロート ”  を 喜んで食べてくれた。
しかし しょっちゅう品切れ。

そのことを 売店の方に 伝えると 「 あらあら… そんなら 」 と すぐに 追加注文。

その後「 夏期限定品ということらしいから 問屋さんに “ あるだけ 持ってきて!” と 頼んどきました 」とのこと。



クリスマス会には ベッドごと 参加させていただいたり



介護士さんたちも いつも 気さくに 声をかけてくださる。

吉田病院の 皆さんには ほんとうに お世話になり 感謝し尽くせない。

Comment

なにより…

今 そう思えることが なにより ありがたいですね…
非公開コメント

プロフィール

加藤 啓子(かとう けいこ)。

Author:加藤 啓子(かとう けいこ)。
絵本あれこれ研究家?として”えほんのひろば”で”ひろば絵本”を”ひろば読み”とあちこち駆け回っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR