FC2ブログ

しりとりあそび…の 本。遊ばな もったいない本







『 しりとりあそび しろとくろ 』『 あか・みどり・き 』『 ちゃいろ 』
( 星川ひろ子・星川治雄  小学館 )
子ども達を 巻き込んで わいわい 遊ぶ本。

まずは 『 しろとくろ 』 
表紙をめくって「 これは? 」と 指指すと 子ども達は 自然に 「 くろ… 」と 声を出す。
「 じゃあ これは? 」「 しろ… 」「 これは? 」「 くろ! 」
「 くろ。しろ。くろ。しろ 」と 繰り返して

「 あのさあ~ この しりとりは どうやら 白と黒だけで いくらしいけど… どないする? いく? 」と たずねる。すると たいがい
「 え?  いく! 」と なる。

「 ほんなら いくで! “ ろ ” が ついて 白いもん 」
「 ええ~ 」「 ろ ? 」「 ろ…? 」

子ども達は まだ 要領がつかめないので もたついている。

「 あ。こんなとこに ちっちゃな字で ヒント 書いたあるわ。読む? 」
「 うん 」結構素直。文字として 読まず 会話の感じで 声を出す。
「 ほのお ゆらゆら… 」ここまでで
「 ろうそく! 」と 元気な声。
「あたり! 」で ページをめくる。

ろうそくの 隣には “ くわがた ” 

「 次 “ た ” の つく 白いもん 」
「 えっ? ええっ… 」

調子が乗ってきたら スピードアップ。

『 あか・みどり・き 』『 ちゃいろ 』と 一気にいきたい。
3冊とも とにかく キレイなデザイン。

“ くも  もち ”   “ はっぱ  ぱぷりか  ”   “ びおら  らっかせい ”   左右の バランス 兼ね合いの 配慮も おもしろい。

子ども達と一緒に ホレボレと 見惚れる。


最後『 ちゃいろ 』 の 裏表紙を見せて 「 あれ? これ なんやろ? 」
表紙 裏表紙 と 行ったり来たり。

「 あ。お茶や!」
そう。ほうじ茶に 紅茶 麦茶に ウーロン茶!
「 うわぁ~ 」「 すごいなぁ~ 」
この 声を聞いて 毎回 嬉しくなる。


ほんま キレイな 本。よう できた 本。ええわ~。
星川さん。ありがとう。こんな感じで 遊ばせてもろてます。









Comment

非公開コメント

プロフィール

加藤 啓子(かとう けいこ)。

Author:加藤 啓子(かとう けいこ)。
絵本あれこれ研究家?として”えほんのひろば”で”ひろば絵本”を”ひろば読み”とあちこち駆け回っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR