大西暢夫さんの 写真展  その 1






近江八幡市にある ボーダレス・アートミュージアム  “ NO-MA ” で 開催中の 
大西暢夫さんの 写真展。


『 ここは、わが町 』
       流れた町 、ダムに沈む村   ーひとりひとり、ひとつひとつの物語ー  

初日の 8月5日 には 『 水になった村  』 の 上映会。 大西さんのスペシャルトークも 同時開催されました。 

大西さんは 1999年から ダムに沈む村の 取材を 始められ
 2011年からは 東日本大震災 被災地へ  
今 現在も 同時に あしげく 通い続けられている方です。

以前 能登川図書館で それらの 写真展示と講演会を企画された時 
打ち合わせから 関わりを持たせていただいて 講演会以外にも お話を 伺うことができたのですが 
大西さんは どんなときも 穏やかで 静かな 笑顔。

そして どの作品も  重くて 深い テーマなのに 
柔らかくて  優しくて 。

丁寧に 取材を 重ねられ 
それを 受けた 方々は 素直に 語られ 遠慮なく 笑われていて

その姿をみている 私たちは 微笑みながら 涙を 流しているのです。


拳を 振り上げるのではなく 大声で 叫ぶのではない。

体の中に ぽんと 投げ込まれた メッセージを 今は 静かに  抱き抱えて 息を整えている…と いう 感じ… 


単純に ああ 良かった。でもなく。いいお話を 聞けた。 でもなく  ね。


( 写真は 会場で 大西さんに お許しいただいて 写しました。写真家の写真を 取るなんて なんてことをしてるんだろうと 手が 震えました ) 

飛鳥橿原ユネスコ協会のイベントで 小さな “ ひろば ”







 


8月3日 近鉄百貨店橿原展で 飛鳥橿原ユネスコ協会の イベントの 中 の  小さな 小さな  “ ひろば ”  

“ いっぱい 笑って 

いっぱい 楽しんで 

それから 平和のこと 考えようか …”

を テーマに 本を 選びました。

100冊は 並ばないだろうと 計算していったのですが
ユネスコ協会の方々が “ 平和の鐘 ” の ヤグラの 中。ヤグラ 周りの スペースにも だんだん 並べていって くださって 結局 150冊 ほど。

小さな ひろばの中でも  いろんな 笑顔に出逢えました。

笑顔 笑顔で ひろば体験






自治労の全国保育集会の 分科会。

T先生から「 加藤さん。ひろばのこと。絵本あれこれのこと。 子どもたちのこと 今までのこと 全部 話してください 」の 依頼が あった。

T先生は 数年前から 私の講座 研修を数回 企画してくださっていて 
大阪のえほん展にも 四日市から 何度も足を運んでくださっている。

時間は 9時半から 4時半。ロングラン。

「 100人 くらいの 参加だと思います  」

じゃあ 200冊くらい 本を 持っていけばいいか…。
で 申し込みの フタを開けたら 200人越え。

絵本は そのものを 使いたいけど  椅子座りなら 後ろの人まで 見えない。

「 保育所の先生達が メインだから 床座りにします。 少しでも絵本に ちかずけるようにします 」

「 会場が 広いので 講座以外にも ひろばスペースを つくってくれますか 」

T先生は どんどん アイデアを 出してくる。

それじゃあ 本は400冊は いるな。

でもこんな 長時間 床座りで 大丈夫? と 尋ねたら
「 大丈夫❗️」 と キッパリ 言い切る  T先生。

マレットファンの つながりも 伝えたい。

このことは  大阪マイペンライの メンバー たけちゃんに してもらおう。

その間  私は “ マレットファンの フォトギャラリー ” を 使って 子どもたち おとな達の 様子を映し出す お手伝い。

これが 良かった。嬉しかった。

大画面に映し出された 笑顔  笑顔❗️ 笑顔‼️

これに 勝るものはない。

皆さんも “ マレットファン ” ホームページの フォトギャラリーを 見てください。

8月3日 小さな小さな ひろばです。






先日 飛鳥橿原ユネスコ協会の 事務局の 方から 相談がありました。

Facebookで 紹介の あった 近鉄百貨店橿原店での 夏休み子ども博。

たくさんの ブースが並ぶ中
その ひとつのコーナーで “ 平和について みんなで考えよう ”  の 企画。

“ 平和の 鐘をついたり オリジナルカードをつくろう ”
そこで 小さな  “ えほんのひろば ” も できないだろうか ?
との こと。

間口  5m  奥行き  3m 弱のスペース。

平和の鐘があったり カード作成の テーブルが あって パネルもある。

その 隙間に どう 頑張っても  面展台 5台 しか 並ばない。3段面展台を駆使して一部 2段に積みあげても

100冊 並ぶかなぁ~?  無理 だろなぁ~。

でも こんな本を 並べて 見ましょうか。で あれこれ 打ち合わせ。
図書館にも 協力してもらい お手伝いすることになりました。

村中李衣さんの講座です。




村中李衣さんが 8月5日 堺市に 来られます。

まだ  ご存知でなかった方。その日 ご都合のつく方 ぜひ 参加ください。

また  10月21日  土曜日  大阪市立中央図書館
10月22日  日曜日  東近江市能登川図書館  で

マレットファンの 3人と 李衣さん コラボの 講座も 決まりました。
詳しくは  後日  お知らせします。

手帳に  記しておいてください。 お楽しみに。



プロフィール

加藤 啓子(かとう けいこ)。

Author:加藤 啓子(かとう けいこ)。
絵本あれこれ研究家?として”えほんのひろば”で”ひろば絵本”を”ひろば読み”とあちこち駆け回っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR