絵だけ 読む。それがいい。 小さなひろばで





昨年4月から “ 児童発達支援・放課後等デイサービス ” の 施設で している 月1回 の 小さなひろば。

なんらかの障がいを 持っていて 大きな音や コミュニケーションが 苦手だったり  読み書きが しんどい こどもたちが ひととき 過ごすところ。

1年半 ほど前。 ひろばの部屋にも入れなかった子が 今はリラックス。

気になる本をささっと集めて じっくり読む方法を編み出した子。

選ぶ本も 幅ができてきた。



この日  “ こしだミカさん ”  の 本をまとめて置いてみた。

『 アリのさんぽ 』( 架空社 )
黙ったまま ページを めくる。 
「アリ 大きい…」 子どもが 小さな声で つぶやく。
「 ザリガニ  でかい… 」「 タコ…」「 イカや…」
“ ゾウ ” の 絵は 静かに 眺めてる。
ぎょろりとした 目 だけのページ。「 これだれ? 」 と こども。
「 ヌマベリ…  」とだけ 小さな声で伝える。

このとき 文章は いっさい 読まなかった。
こどもたちと じっくり じっくり 絵を読んだ。

『 ひげじまん 』( 小学館 )
大きな  なまず  に びっくり。
「 ひげ  ブルブル ブルルルーン 」くらいの 言葉を 添える。
おおなまずが 蹴飛ばされて 飛んでいくたび こどもたちは 静かに笑う。
少しずつ  笑いが 広がっていく。

温泉に 浸っている シーンを 見ながら 「 大きな お風呂 やねえ~。こんなお風呂  入ったことある ?」 と これまた 小さな声で尋ねたら 
こっくり と うなずいた。

ひげを ちょん切られて 番台に いる おおなまずの おっちゃん。ええ顔 したはる。
絵本を手にしてる わたし達も ついでに ええ顔 に なっていく。

『 でんきのビリビリ 』( そうえん社 ) の 家電 工具に 見とれてる。
 絵を しっかり 読んでいる。  じっくり 楽しんでいる。

それとは 対象的に 猛スピードで ページを めくるだけの子も もちろん いる。
猛スピードの 中でも その子は 絵を 読んでる。
それを 繰り返す。繰り返すことを 楽しんでいる。

今、このとき  文章を 読まなくてもいい。
ページを めくるだけを  こどもたちと楽しむ。

ひとりひとり の 読み方が ひとりひとり違う。と、 こどもたちから 学んだ。

こどもたちと 肩並べて 小さな声で読みあうと お互い 居心地いいと 気ずいた。


えほんのひろばとは 7

えほんのひろばに 並べる本はどんな規模 どんな場所であっても 
とにかく キレイな状態で あってほしい。
どんなにいい本でも 破れたままであったり ホコリまみれのままでは 悲しい。
大阪市子育ていろいろ相談センターの『 えほん展 いろいろ 』では
メインの2部屋。 ロビー。廊下。 全てを使って 1000冊以上の本を並べた。
その 本を点検して拭く。という地味で膨大な裏方作業を 実に多くの方が 時間を やりくりしながら 関わってくださった。
修理のしようもないほどに傷んだ本を 入れる箱に  “ おつかれ本 ” と 貼り紙が あった。
“ 廃棄本 ”  ではない “ おつかれ本 ” 
そんな 心遣いも 学びあいながら  “ えほん展いろいろ ”  は 回を重ねて いった。

えほんのひろばとは 6








ひろばは 限りなく シンプルに。

その場の 主役は 絵本と写真集。そして ひろばに やってきた人達。

幼い人。お年を召した人。やんちゃ盛りの人。突っ張っている人。いろいろな人。

だから ひろばの中に 対象年齢をイメージしてしまうような飾り付け は しません。

静かにしましょう とか  丁寧に 扱いましょう の 貼り紙なども 絶対にしません。

とにかく 本が 見やすいように 手に取りやすいようにします。
周りの色も 極力抑えます。

ゆったり のんびり 居心地の良さを 大事にします。

( 写真は “ こふれさん ” と 共同で 設営した ひろばです )




えほんのひろばとは 5







ひろばの中で 本を読むスタイルは さまざまです。

本のサイズ 。一緒に 読む人との関係。その本の内容。ひろばの広さ。空間。
私達は その 場の 状況に 任せています。

寝転んで本を読むのは 行儀が 悪い。と おっしゃる方もいらっしゃいます。

でも いろいろな本が あって いろいろな 読み方が ある。
その 制約を 全て 取り払った 空間が ひろばなのかな と 思っています。

本を手にする。自分の指を動かして 中身を知る。
読みたいかどうかも 自分自身で 決める。

だから 2~3ページめくって 面展台に 戻すのもあり。
もちろん 私達は 通常 そんなことを 考えずに してきています。

だって子ども達自身が  自由に どんどんひろば読みを  していってくれていますから。

北宇智小学校で オモシロ企画 『 ブックレストラン 』



マレットファンの3人が 10月19日 奈良県五條市の北宇智小学校で 子どもたちと交流会。
校区の保護者対象企画ですが ステキな チラシを 作ってくださったので ご披露。

今日 打ち合わせと 称して 岸本先生 木原先生 図書室の西村さんと ミーテイング。
16日から 1週間  食べ物の本をいっぱい並べて『 ブックレストラン 』を 開くことになったとか。

その選書の 話に 盛り上がり 
“ 料理本 ” と “ 食材が主人公 ” の絵本も ドッサリ 並べようね。
『 干物のある風景 』『 ぶた にく 』 『 おいしいね 』 
『 おにぎりくん 』『 いろいろ じゃがいも 』 『 たべもんどう 』

あれこれ 話すうち  『 うんちレストラン 』は 必須 と なり
やっぱり  “ 食べたら 出す! ”  の ところまで いこう。

それは  子どもたちの ダイスキな  もの。

「 この本は あの子が きっと 喜ぶ と 思う 」
「 あの子 に 早く この本を 見せてあげたい 」
目を輝かす 先生方。いい日でした。

プロフィール

加藤 啓子(かとう けいこ)。

Author:加藤 啓子(かとう けいこ)。
絵本あれこれ研究家?として”えほんのひろば”で”ひろば絵本”を”ひろば読み”とあちこち駆け回っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR